日本に古くからあるもののひとつに六輝がございます。

六輝とは、暦に記載される暦注のひとつです。

先勝・先負・友引・仏滅・大安・赤口の6種がございます。

この六輝は物事の日取りを決める際に、吉凶を占うものとして使われてきました。

o0640048012925936051-150x150

結婚式などの慶事にとても良いとされている日は大安です。

大安の日はすべてが穏やかに運ぶ大変おめでたい日といわれています。

大安の次に良いとされている日が友引です。

友引の日は結婚式では「友を引く」として良い日とされています。

先勝の日は何事も早く行動すると良いとされる日です。

午前中が吉とされる日ですので、結婚式を午前中に行います。

反対に先負の日は落ち着いて行動すると良いとされる日です。

先負の日は急用や勝負事は避けると良いとされています。

この日の結婚式は午後から行うと良いとされています。

赤口の日は正午の時間が吉とされています。

赤口の日は正午12時ちょうどに結婚式を開始します。

仏滅の日は仏が滅するほどの大凶日といわれ、慶事は避けたほうが良いといわれています。

しかし、仏滅の日は会場が空いていたり、割引プランがあったりすることもございます。

六輝と仏教は全く関係ありませんが、さまざまな方に配慮の上でお選びになると良いでしょう。

お日柄にあわせて結婚式の日取りを考えるとともに

結婚式の開始時間などプログラムを立てていきます。

お日柄が良い大安の日は早めに予約が埋まってしまう可能性がございます。

結婚式の日取りだけはお早めにご決定なさると良いでしょう。

o0640048012925936052-150x150