結婚披露宴でのご列席の皆様へサプライズな演出をしたい方への

おすすめの一つに花火があります。

花火は昔から祝砲としてお祝いの場で用いられており、

ヨーロッパでは16世紀には結婚式を花火で祝ったといわれています。

o0640048012925936051

花火は中国ではじまり、ヨーロッパには13世紀以降には

伝わっていたといわれています。

初期の花火は祝砲の音を大きくして

煙に色がつくようにしたものだったといわれています。

 

ヨーロッパでは主にイタリアで花火の生産が行われました。

この当時、花火は

王侯貴族が王の権力を誇示するために

王が主催するイベントで打ち上げていたそうです。

 

16世紀になるとイングランドで花火の技術が進歩しました。

ヘンリー8世は王室の軍隊に花火師を徴用する決まりを定め

戴冠式や王室での結婚式、誕生日などで

花火を楽しんでいたという記録が残っています。

17世紀にはヨーロッパ各地に花火の学校がつくられました。

イングランドのジェームス1世がデンマークから花火師をよび、

娘であるエリザベスの結婚式を花火で盛大に祝いました。

 

花火は夏の風物詩であり、夏の結婚式にぴったりだと思います。

夏らしさ、サプライズ演出に最適なアイテムといえるでしょう。

 

o0640048012925936052

 



9月3日まで無料購読できる作品がございます。毎週金曜日更新です。