新婦様のウエディングドレスにあわせる

ヘッドドレスのひとつにティアラがございます。

ティアラには豪華なものから清楚なものまで

さまざまなデザインがあります。

今回はティアラに込められた意味についてご紹介します。

54c24b68

はるか昔、星空は神々がいらっしゃる聖なる場所と信じられていました。

人々は重大なことを決断する際には

星空の下に集まって、誓いを立てていました。

二人の愛を誓うこともあったといわれています。

やがて、星空の下での誓いは

室内での儀式で行われるようになりました。

誓いを行う部屋には星空を表す「シャンデリア」がつくられました。

人々はシャンデリアの下で約束を行い、それが徐々に神聖化していきました。

人々はシャンデリアの他に

星空に祈りを込めた一つの冠「ティアラ」をつくりました。

ティアラを頭上に頂く戴冠式は

星空の神々から祝福と繁栄を授かる神聖な儀式となりました。

それから結婚式では

誓い・清め・祝福の意味をもつティアラを身につけて

「永遠の約束を結ぶ」という意味合いをもつようになりました。

ティアラにはきらきらと宝石がちりばめられています。

これは星空をイメージしているからだといわれています。

美しく、そして永遠の約束を意味するティアラを

ヘッドドレスとしてご検討なさってみてはいかがでしょうか。

o0640048012925936052-150x150