結婚披露宴のセレモニーでは

新婦様がご両親に宛てて感謝の気持ちを綴ったお手紙を読むシーンがございます。

今回はお手紙をお書きになる上で、役立つポイントをご紹介します。

54bd0395

お手紙では、今まで過ごしてきた思い出、感謝の気持ちを綴ります。

たくさんの思い出、エピソードがあると思いますが、

1つか2つのエピソードに絞ると、まとまりのあるお手紙になるでしょう。

たくさんあるエピソードの中で絞るということは難しいと思いますが

ご自身の人生で節目だと感じたとき、一番感謝したときを思い浮かべてみましょう。

 

エピソードを決めて実際に書き始める際には

お手紙の長さがゆっくり読んで2~3分、文字数にして600~800字を目安に書きましょう。

短すぎず、長すぎず、まとまりのある、とても感動的なお手紙になるでしょう。

 

お手紙はご自身がふだん使われている言葉でお書きになりましょう。

ご両親に対しても、実際に呼んでいる呼び方でお書きになると

より自然で、アットホームな雰囲気となりますでしょう。

お手紙をお書きになる際に、参考になれば幸いです。

54b8f77b