結婚式、披露宴会場の入り口に飾るものの候補にホースシューがございます。

ホースシューとは馬のひづめにつける蹄鉄(ていてつ)です。

ヨーロッパでは古くからお守りとされてきました。

54f6eac9

ホースシューは「魔除け」や幸運を呼ぶ「お守り」とされ、

ドアなどにかけて、護符として使われていました。

結婚式でも花嫁が無事教会へ行けるように玄関に飾りました。

 

また、形が上向きに空いたU字型なことから

幸運が転がり込み、それを受け止めて

こぼれないように守るラッキーアイテムともいわれています。

そのため、入り口に飾る以外にも

新郎様がタイピンとして身に着けたり、

ラッキーチャームとして用いたりなど

さまざまなアイディアが生まれました。

 

ホースシューは幸せを呼び込み、身につけるものを守ってくれるモチーフです。

上が開いている状態で飾って幸せな結婚式にしましょう。

54f6eaca


簡単なお手入れで清潔に。 栃木県で作られているお布団です。