季節のお花を用いて結婚式・披露宴をコーディネートすると

季節感があってより素敵な雰囲気になります。

今回は6月のウエディングフラワーをご紹介します。

747b8f2a4054fb149a68268ee2a20fb9_s

まず、強い香りで有名なジャスミンです。

花言葉には「愛らしさ・優美・喜び・素直」などがあります。

インドでは若い女性は恋人にもらったジャスミンの花を

髪に編み込むことで愛の証とする風習があります。

白くて小さなお花ですので、ホワイトカラーなどの

白くて少し大きめのお花とあわせても綺麗です。

 

メインテーブルなどをエレガントな雰囲気にする場合は

大きなお花、シャクヤクがおすすめです。

シャクヤクは「慎ましやか・はにかみ」という花言葉があります。

ゴージャスな雰囲気になります。

 

結婚式のためのお花ともいわれるお花がオレンジの花です。

オレンジの花はジューンブライドのお話で知られる

主神ゼウスと妻ヘラにゆかりのあるお花です。

ギリシャ神話では主神ゼウスはヘラとの結婚の際に

オレンジを贈ったという話があります。

ヨーロッパでは、結婚式の際に

花嫁がオレンジの花を頭に飾る習慣もございます。

花言葉は「花嫁の喜び」です。

結婚式にあった花言葉だと思います。

 

その他にも「アガパンサス ジューンブライド」という

名前が6月の結婚式そのもののお花もございます。

白くて星のような形をしたかわいいお花です。

装花は結婚式のイメージを決める重要なアイテムです。

ぜひ、どんな雰囲気にしたいかじっくりお考えください。

o0640048012925936052-150x150