19世紀から20世紀のヨーロッパでは

婚約後、男性から女性へ毎日花を贈る習慣がありました。

そのとき、男性が好んで贈っていた花は

オレンジの花だったといわれています。

o0640048012925936051-150x150

婚約後以外でも、プロポーズのときには

男性から女性へオレンジの実を贈っていました。

また、結婚式当日には新婦様がオレンジの花を

花飾りとして身につけていたといわれています。

 

古くからヨーロッパでは、オレンジは

たわわに丸い実が実る姿から

「女性」「多産」の象徴とされてきました。

ギリシャ神話では天帝ゼウスが結婚する際に

妻である女神ヘラへオレンジの花を贈ったとされています。

このことから、オレンジには「花嫁を守り、幸せに導く力がある」

という言い伝えがうまれました。

 

オレンジの花言葉には

「純粋」「花嫁の喜び」「豊富」「寛大」などがあります。

幸せにまつわるさまざまな意味をもった素敵な花ですね。

o0640048012925936052

 



お中元におすすめの、土佐の水菓子です。