新婦様がお召しになる着物の柄には

それぞれ意味が込められています。

今回は伝統的な柄の中からいくつかご紹介いたします。

54b64e4c

婚礼衣装に多く用いられる柄のひとつが鶴です。

鶴は亀と同じく長生きする吉祥動物であり、生命力の豊かさを表します。

また、鶴は一度夫婦になると一生添い遂げる唯一の動物です。

そのため鶴の柄の入った婚礼用の着物には

必ずつがいになるように2羽の鶴が描かれています。

 

花では、牡丹や梅の花が有名な柄です。

とても豪華な牡丹の花はとても小さなつぼみから咲いています。

このことから幸福や富貴という意味が込められています。

また、高貴な意味をもつ牡丹の柄が入った着物は

昔は高い身分の人しか着ることが許されていなかったといわれています。

 

梅の花は、松や竹と一緒に描かれることがあります。

どんなに寒くても緑のままでいる松に、

寒さに負けることなく、どんどんまっすぐに伸びていく竹、

そして冬の寒さからいち早く花を咲かせる梅は

「三寒三友」と呼ばれ、古来中国から尊ばれてきました。

忍耐力を表す伝統的な柄です。

 

その他にも着物の柄にはそれぞれ異なる意味が込められています。

お選びになった着物の柄の意味を調べてみると

結婚式の準備がより楽しくなりますでしょう。

54bd0396



二人で一緒のコーディネートをしてみませんか。