結婚式で結婚指輪をのせる小さなクッションを

リングピローといいます。

リングピローにはリボンがあり、指輪を結んでいます。

今回はリングピローとリボンのつながりについてご紹介します。

0f4282cd35da57288f89ca4de0213343_s

古代ヨーロッパでは、自分たちを一つに結ぶ約束を

リボンや縄で表現していたといわれています。

紐(knot)は、結束のシンボルとされており、

knotを使った英語の熟語「tie the knot(紐を結ぶ)」は

「結婚すること」を意味しています。

 

指輪は、かつては商取引の約束の際にも使われていました。

その貴重性から結婚の取り決めにも使われるようになりました。

自分の財産ともいえる指輪を花婿が花嫁へ贈ることで

愛の誓いを示したといわれています。

0f6d905bb149a3941b9757843af9858a_s

その後、指輪とリボンの二つの習慣が

指輪交換の儀式となって現在まで続いてきました。

それがリングピローに表れています。

「結束」を表すリボンをリングピローに飾り、

そのリボンが「誓いの証」である指輪を結んでいます。

 

「誓いの証」の結婚指輪をリボンで結んで

お二人を一つに結ぶことは

とても素敵な考え方だと思います。

リングピローを手作りなさる際には

ぜひお二人の好きな色のリボンを

飾られてみてはいかがでしょうか。

o0640048012925936052

 


健康を重視した、ダイエットをしたい方へおすすめの酵素ドリンクです。