結婚披露宴の雰囲気を作り出すもののひとつである

ウエディングケーキにはさまざまな種類があります。

欧米各国にはそれぞれ伝統的なウエディングケーキがございます。

今回はフランスの伝統的なウエディングケーキ「クロカンブッシュ」をご紹介します。

54c0f462

クロカンブッシュケーキとは

小さなシュークリームにカラメルをつけ、

それを円錐状に高く積み上げたケーキです。

 

シュークリームの「シュー」は

フランス語でキャベツという意味があります。

欧米には赤ちゃんはキャベツ畑で生まれてくるといわれており、

そのシューを高く積み上げることで子孫繁栄と豊穣を願っていました。

 

また、クロカンブッシュは

フランスで「ピエス・モンテ」と呼ばれる

塔のように高いお菓子を代表するものであり、

高ければ高いほど幸せになれるといわれています。

 

ウエディングケーキをクロカンブッシュにした結婚式では

新郎新婦様がシューを取って食べさせあうファーストバイトや

ご列席の皆様へシューを一つずつ配るといった趣向に人気があります。

 

フランスの伝統的なウエディングケーキ「クロカンブッシュ」は

シュークリームを高く積み上げ、子孫繁栄と豊穣を願っています。

こうした各国の伝統的なウエディングケーキの意味や由来から

ウエディングケーキの種類やデザインをご検討なさってみるのも素敵だと思います。

o0640048012925936052

 


温泉旅行をお探しの方におすすめ