結婚式当日、たくさんご試着なさった末に決めた

お気に入りのドレスを着た姿をもっと美しく魅せるためには

立ち居振る舞いを意識することが大切です。

立ち居振る舞いの中で見え方が一番変わってくるのは

「立つ」動作と「階段の昇り降り」の動作といわれています。

今回はこの2点に絞ってご紹介します。

 

まず、立ち方ですが、いわゆる「モデル立ち」が理想です。

これは両脚の内くるぶしが触れるくらいに立ち、

片足を引いて、つま先を30度くらいに開く立ち方です。

上半身は上から引っ張られているようなイメージで

胃を縦に伸ばすように意識すると、

自然とデコルテラインが綺麗に開きます。

新郎様と並ぶ時の立ち位置は少し向き合うように

ハの字をイメージすると、より素敵な印象を与えることができます。

 

階段を昇る時、例えばメインテーブルに戻る際の段差では

新郎様にブーケを預けて両手でスカートを持って

ゆっくり昇っていくようにすると優雅でスマートに見えます。

階段を降りる際は、シャッターチャンスでもありますね。

ずっと下を向かず、出した足のかかとで階段を擦るような気持ちで

重心を後ろにかけて降りるようにすると綺麗です。

 

立ち方、歩き方次第でドレス姿はもっと美しくなります。

お時間のある時に練習なさってみてはいかがでしょうか。

o0640048012925936052