欧米の結婚式では定番ですが
結婚式にて新郎新婦様それぞれのアテンド、お世話役として
アッシャー(グルームズマン)とブライズメイドを立てることがございます。

新郎様のお世話役をアッシャー(グルームズマン)、
新婦様のお世話役をブライズメイドと呼びます。
アッシャーとブライズメイドはそれぞれ人数を揃えて
白以外でお揃いの華やかな衣装を着て新郎新婦様に付き添います。

アッシャーとブライズメイドは中世のヨーロッパが起源とされています。
かつて花嫁の幸せを妬む悪魔から花嫁を守るために、
未婚の姉妹や友人たちが同じような衣装を着て付き添い、
悪魔の眼を惑わした伝統がございます。

アッシャーとブライズメイドは新郎新婦様に華を添え、引き立てる、
お二人の幸せを願って付き添ってくださる大切な方々です。